土.日診療18時半まで受付。JR海老名駅徒歩3分。内視鏡専門医による胃カメラ、大腸カメラ、健診できます。
ららぽーと海老名のすぐ近く。
院長ブログ

かぜに抗生物質?②

ウイルス性か、細菌性か?

「ウイルス性が8~9割、
だから抗生剤はださない。」

はよくないと思うのです。
逆に、

「1~2割は細菌性なのだから、
念のため抗生物質を出しておく。」
もよくない。

抗生物質には副作用もありますし、
耐性菌の問題もあります。

では、どうすれば?

2つを確実に区別する方法は
ありませんが、

ウイルス性か細菌性かを判断するための
手段のひとつに迅速検査があります。

鼻に綿棒をいれて
こちょこちょっとやったり、
喉を綿棒でこすったりの検査です。

インフルエンザのときに
受けたことがある人も
多くいるのではないでしょうか。

実は、この迅速検査は
インフルエンザ以外にもたくさんあります。

<迅速検査キットがあるもの>
インフルエンザウイルス、
アデノウイルス、
RSウイルス、

溶連菌、
マイコプラズマ、
ノロウイルス など

ただ、この中の
アデノウイルス、
RSウイルス、
ノロウイルスに効く薬はありません。

「あれ?どうして効く薬がないのに調べるの?」
と思われる方もいるでしょう。

これらの検査をするのは、

「ひとまず抗生物質を処方する必要ない」

ことを明らかにするためです
(統計をとる意味ももちろんあります)。

いまだに抗生物質は
万能と思っていらっしゃる方は
少なからずいて、

「こんなにつらい症状がでているのに
どうして抗生物質を処方してくれないの?」

に対する答えにもなります。

かぜの場合に、
どの検査をするのかは、

症状の経過、
診察から得られた所見、
流行の状況などから判断し
選ばなければなりません。

迅速検査を行っても
結果が陰性に出ると
ふりだしにもどります。

しかも、迅速検査も100% 正確ではありません。
(感度、特異度といった少し難しい話になります)

たかが「かぜ」、されど「かぜ」です。

~ つづく ~